エコー検査(超音波画像観察装置)

【痛みの原因がわかるエコー検査を完備しております】

エコー検査(超音波画像観察装置)

超音波による画像観察で当院では、主に骨・筋肉・靱帯・関節内の観察、撮影を行っています。肉ばなれのような筋損傷については、MRIより優れています。レントゲンと違い放射線被曝がなく安全で無害なため、経過観察のために繰り返し検査が可能で妊婦や高血圧の方でも安心です。

骨折や脱臼などの急性外傷やスポーツ外傷の専門知識・技術を持つ怪我のスペシャリストです。

骨折や脱臼、アキレス腱断裂などの怪我で手術をお考えの方も一度ご相談ください。

右橈骨遠位端骨折

左肘関節後方脱臼

右腓骨下端骨折

お子さんの運動や部活動、スポーツの怪我で多数来院しております。

早期復帰などお困りのことがありましたら、ぜひご相談ください。

エコー検査(超音波画像観察装置)

超音波を用いてレントゲン写真にも写らない微小な骨折、靱帯、筋肉、腱などの軟部組織の状態を観察することができます。

放射線で人体に害を及ぼすことがないため、妊娠中の方や乳幼児でも繰り返し観察することができます。

患者さんにとってより良い施術環境を整えるため当院では近隣の病院、クリニックと密接な連携をとり合っています。

病院での検査や処置が必要な患者さんにはスムーズに近隣病院をご紹介することができます。

弁護士法人心

交通事故により負った怪我の施術には早期の処置と専門的な知識が必要です。当院では十分な状況判断から症状に合わせた適切な施術をいたします。

保険会社との電話対応や示談交渉で悩まれる患者さんが多いので、安心して施術に専念していただくために、相談・着手金が無料の『交通事故専門の弁護士』と提携しております。

症例

当院で柔道整復術により保存療法を行った

骨折・アキレス腱断裂の症例の一部です。

アキレス腱断裂

27歳、男性の「アキレス腱断裂」の症例です。

バレーボールの試合中にアキレス腱断裂をされました。

総合病院を受診され、担当医からは手術を勧められましたが「手術をしたくない」という患者さんの強い希望により、当院を受診されました。

初診時

アキレス腱断裂のエコー検査(超音波画像診断装置)画像

初診時のエコー画像です。印がついている部分が断裂しているところです。

6週間後

アキレス腱断裂のエコー検査(超音波画像診断装置)画像

6週間後のエコー画像です。印がついている部分に断裂はみられず、きれいに修復されているのがわかります。

当院では、初診時に断裂端の状態をエコー検査で確認を行います。

約1週間ごとにエコー検査を行い、断裂した部位の癒合状態を確認していきます。

断裂端の修復が確認できれば、約6週間くらいでギプスを除去することができます。

エコー検査は治癒していく過程を確認することができるのです。

今までは保存療法を行った場合には、

再断裂する可能性が高いとされていましたが状態の管理を定期的に行えば、保存療法でも再断裂する可能性は手術する場合と変わらないことがわかってきました。

つまり、手術をしても保存療法をしても、しっかりとした治療を行えば結果は変わらないということがわかってきたのです。

左橈骨遠位端骨折(手首の骨折)

56歳、女性の「左橈骨遠位端骨折」の症例です。

凍結した路面で転倒し左手をつき受傷されました。

この方も整形外科病院を受診され、担当医から手術を勧められましたが「手術を避けたい」という希望により、当院を受診され整復(折れてずれた骨を元の正常な位置に戻すこと)し、保存療法を行いました。

 

 

整復前

  • 左橈骨遠位端骨折 レントゲン写真 正面像
  • 左橈骨遠位端骨折 レントゲン写真 側面像

整復前の横から見たレントゲン写真を見ると

印がついている部位(橈骨)は手首が上にずれたような形で変形し、折れてしまっています。

整復後

  • 左橈骨遠位端骨折 レントゲン写真 正面像
  • 左橈骨遠位端骨折 レントゲン写真 側面像

整復後の横から見たレントゲン写真では

印がついている部位(橈骨)は元の正常な位置に戻っています。

骨折は、手術をしなければ治らない・・・』という認識は間違いです。

この症例ように手術をしなくても多くの場合、骨の転位(ずれ)を伝統医療ほねつぎの技(柔道整復術)により元の正常な位置に戻すことができます。

肘関節後方脱臼

20歳、男性の「左肘関節後方脱臼」の症例です。

スノーボードで転倒し左手をつき受傷されました。

整復前

左肘関節後方脱臼

整復後

左肘関節後方脱臼

左肘関節後方脱臼

左肘関節後方脱臼

左肘関節後方脱臼

まつもと接骨院について

当院は骨折や脱臼、急性外傷やスポーツ外傷、交通事故外傷など怪我や痛みの施術を得意としています。

疲労や負傷後1ヶ月以上経過している慢性症状は健康保険適応外となるため、全額自費でのお支払いとなりますのでご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

ほねつぎ まつもと接骨院

〒157-0061東京都世田谷区北烏山8-2-17