クチコミランキング第1位に選ばれました

施術者は国家資格を保有

あなたは今、このようなことでお悩みではありませんか?

  • どこに行っても、何をやっても良くならない
  • ストレスが多く、メンタル自律神経が弱っている
  • 頭痛肩こりがひどく、耳鳴りやめまいもある
  • 自律神経失調症メニエール病
  • 長引く腰痛膝痛
  • 不眠で疲れが全然とれず、元気がない
  • うつパニック障害発達障害強迫性障害不安障害
  • ひきこもりで悩んでいる
  • スポーツ、受験(能力開発

どれか1つでも当てはまる方は・・・今すぐ当院にご相談ください

つらい症状

当院には、どこに行っても、何をやっても良くならずにお困りの方が数多く来院され、改善されています。

長引くあなたの不調、本気で解決したいとお考えなら根本原因からアプローチする他にはない施術脳脊髄液調整法をぜひ一度お試しください。

期間限定キャンペーン(初回割引のご案内)

ホームページ限定特典

スグつながる!お問い合わせはこちら03-3309-6725

不調の根本的な原因とは?

脳(自律神経)の働きが大切です!

脳脊髄液

不調や症状が改善しない最大の原因は

脳(自律神経)の蓄積疲労です。

睡眠不足仕事・スポーツなどの肉体疲労気温・気圧の変化薬・お酒・タバコなどにより司令塔である脳(自律神経)が疲労してしまい、内臓障害を起こし背骨や骨盤に歪みが生じます。

その結果、自然治癒力・免疫力が低下脳・神経圧迫ストレスがかかり続けます。

この事が様々な不調や症状が改善しない原因になります。

 

 

 

カギを握っているのは身体を元気にする『脳脊髄液』の流れです!!

脳脊髄液の流れ

脳脊髄液(CSF)ってなに?

全身に循環しているお水で、頭の中で作られ脳を衝撃から守ったり、脳(自律神経)の疲労を取り除いたりする大切な体液です。

脳(自律神経)が蓄積疲労を起こすと脳脊髄液の流れが悪くなり、内臓に老廃物がたまり自然治癒力・免疫力が低下します。

結果、色々な不調や症状が出てしまうのです。

 

 

不調が起こる流れ

ではなぜ、当院の施術で不調が改善に向かうのか?

脳脊髄液調整法

当院の脳脊髄液調整法を受けると、頭は小さく柔らかく良い形に整い、脳・神経への圧迫ストレスが取り除かれます。

すると驚異的な脳(自律神経)の活性化により、身体本来の生命力・回復力がしっかり発揮できるようになり免疫力や自然治癒力が高まります

全身の血流改善

矢印

脳脊髄液の流れが良くなる

矢印

症状改善・自律神経が元気

矢印

よく眠れる

矢印

脳が元気

矢印

脳脊髄液の流れ

症状改善・生命力アップ

施術を受けた患者さんから、続々と喜びの声が届いています!

20年間辛かった、めまいが改善しました!

お客様写真
アンケート用紙

20年前ぐらいからめまいがありました。

会社から紹介されて整形外科へ通院してますがなかなか改善されませんでした。毎月上旬と下旬にめまいがあります。

その折に友人からの紹介で、まつもと接骨院を教えていただき6ヶ月になりました。月1回の通院です。

やさしい先生で脳のことでいろいろ詳しく教えていただきました。

通院してからめまいが変化してきました。

いままでは3日ぐらいめまいがありましたが1日ぐらいでなくなったり2、3時間でおさまるようになりました。

これからも続けていきたいと思います。

町田市 70歳 男性 Mさん

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

左膝の痛みで歩行困難だったのが回復しました!肩こり、腰痛も改善されました。

お客様写真
アンケート用紙

昨年より左ひざが痛くなり歩行に支障が出てきました。

そんな時紹介していただいたのが、まつもと接骨院でした。

昨年の6月より通院して徐々に痛みが治まるようになってきました。

治療を始めて9ヶ月程になりますが、今は痛む事もあまりないようになりました。

肩こりや腰痛なども一緒に治療していただけるのでとてもスッキリします。

治療の度に回復しているのを実感しています。

 

 

69歳 女性 Sさん 主婦

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

骨折や脱臼などの急性外傷やスポーツ外傷の専門知識・技術を持つ怪我のスペシャリストです。

骨折や脱臼、アキレス腱断裂などの怪我で手術をお考えの方も一度ご相談ください。

お子さんの運動や部活動、スポーツの怪我で多数来院しております。

早期復帰などお困りのことがありましたら、ぜひご相談ください。

エコー検査(超音波画像観察装置)を完備しています。

エコー検査(超音波画像観察装置)

超音波を用いてレントゲン写真にも写らない微小な骨折、靱帯、筋肉、腱などの軟部組織の状態を観察することができます。

放射線で人体に害を及ぼすことがないため、妊娠中の方や乳幼児でも繰り返し観察することができます。

患者さんにとってより良い施術環境を整えるため当院では近隣の病院、クリニックと密接な連携をとり合っています。

病院での検査や処置が必要な患者さんにはスムーズに近隣病院をご紹介することができます。

弁護士法人心

交通事故により負った怪我の施術には早期の処置と専門的な知識が必要です。当院では十分な状況判断から症状に合わせた適切な施術をいたします。

保険会社との電話対応や示談交渉で悩まれる患者さんが多いので、安心して施術に専念していただくために、相談・着手金が無料の『交通事故専門の弁護士』と提携しております。

症例

当院で柔道整復術により保存療法を行った

骨折・アキレス腱断裂の症例の一部です。

アキレス腱断裂

27歳、男性の「アキレス腱断裂」の症例です。

バレーボールの試合中にアキレス腱断裂をされました。

総合病院を受診され、担当医からは手術を勧められましたが「手術をしたくない」という患者さんの強い希望により、当院を受診されました。

初診時

アキレス腱断裂のエコー検査(超音波画像診断装置)画像

初診時のエコー画像です。印がついている部分が断裂しているところです。

6週間後

アキレス腱断裂のエコー検査(超音波画像診断装置)画像

6週間後のエコー画像です。印がついている部分に断裂はみられず、きれいに修復されているのがわかります。

当院では、初診時に断裂端の状態をエコー検査で確認を行います。

約1週間ごとにエコー検査を行い、断裂した部位の癒合状態を確認していきます。

断裂端の修復が確認できれば、約6週間くらいでギプスを除去することができます。

エコー検査は治癒していく過程を確認することができるのです。

今までは保存療法を行った場合には、

再断裂する可能性が高いとされていましたが状態の管理を定期的に行えば、保存療法でも再断裂する可能性は手術する場合と変わらないことがわかってきました。

つまり、手術をしても保存療法をしても、しっかりとした治療を行えば結果は変わらないということがわかってきたのです。

左橈骨遠位端骨折(手首の骨折)

56歳、女性の「左橈骨遠位端骨折」の症例です。

凍結した路面で転倒し左手をつき受傷されました。

この方も整形外科病院を受診され、担当医から手術を勧められましたが「手術を避けたい」という希望により、当院を受診され整復(折れてずれた骨を元の正常な位置に戻すこと)し、保存療法を行いました。

 

 

整復前

  • 左橈骨遠位端骨折 レントゲン写真 正面像
  • 左橈骨遠位端骨折 レントゲン写真 側面像

整復前の横から見たレントゲン写真を見ると

印がついている部位(橈骨)は手首が上にずれたような形で変形し、折れてしまっています。

整復後

  • 左橈骨遠位端骨折 レントゲン写真 正面像
  • 左橈骨遠位端骨折 レントゲン写真 側面像

整復後の横から見たレントゲン写真では

印がついている部位(橈骨)は元の正常な位置に戻っています。

骨折は、手術をしなければ治らない・・・』という認識は間違いです。

この症例ように手術をしなくても多くの場合、骨の転位(ずれ)を伝統医療ほねつぎの技(柔道整復術)により元の正常な位置に戻すことができます。

期間限定キャンペーン(初回割引のご案内)

ホームページ限定特典

スグつながる!お問い合わせはこちら03-3309-6725

ほねつぎ まつもと接骨院

〒157-0061東京都世田谷区北烏山8-2-17