交通事故

首、肩の痛みや腕のしびれ

頭痛、吐き気、めまい、背中の痛み、倦怠感、集中力低下など交通事故のダメージは本当に辛いものです。

「脳脊髄液減少症」という病名で認知されるようになりましたが、多くの整形外科等では原因不明と言われ簡単な診察、痛み止めと湿布薬の処方のみで治療を打ち切られる患者さんも少なくありません。

事故直後に症状が出なくても1週間くらいして症状が出る場合も多いので軽症だからと放置せず、速やかに整形外科等や接骨院を受診してください。

時間が経過してから受診した場合、事故と症状の因果関係を証明することが難しくなり自賠責保険での施術が出来ず負担金が発生する可能性があります。

事故の手続き

1 負傷者の救助

自分が加害者、被害者でも負傷者がいないかを確認。人命救助が最優先です。

負傷者がいる場合は救急車を呼びましょう。

2 現場の状況確認と相手の確認、2次災害防止

事故現場の状況と相手の車ナンバーを携帯などで撮影しておきましょう。現場が危険だからと車を移動する前に、相手の名刺などがあればもらいましょう。

車を移動する際に逃げられたケースもあります。(相手がわからなければ、自分の保険を使い修理・施術となります。)

3 警察へ連絡

必ず警察に連絡をして事故証明書を発行してもらってください。事故証明書がない場合、自賠責保険を使うことはできません。

少しでも痛みがあれば「人身事故」で処理をしてもらいましょう。後日、痛みが出てきた場合でも「物損事故」から「人身事故」へ切替えることが可能です。

4 目撃者の確保

目撃者がいた場合、氏名と連絡先を聞いておきましょう。

過失割合などで争う場合に有利になる可能性があります。

5 保険会社へ連絡

保険会社へ速やかに連絡してください。保険会社の担当者から医療機関へ施術料金支払いなどの連絡があります。

連絡が遅れると、医療機関を受診し施術を受けるのも遅れてしまいます。

6 整形外科等へ受診

まずは、整形外科等を受診し、診断書を発行してもらいましょう。後遺障害が残った場合など医師の診断書が必要になります。

交通事故の場合、整形外科等と接骨院の両方の施術が可能です。整形外科等でレントゲンなどの検査、接骨院で施術を行い早期治癒を目指しましょう。

当院から整形外科等への紹介もできますのでご相談ください。

7 当院へ連絡

当院独自の手技、エコー検査等で早期治癒を目指します。

保険会社に当院で施術を受けたい旨を伝えていただければ大丈夫です。

その他、保険関係、施術などでわからないことお困りのことがありましたらご相談ください。

当院の交通事故施術

事故後の病態を正確に追及

エコー検査(超音波画像観察装置)

初検時に『エコー検査』を行い、事故後の病態を正確に追及し病態に応じて適切に施術いたします。

エコー検査で経過観察

病態の回復過程を『エコー検査』で経過観察を行い、病態に応じた最善の施術を選択します。

間隔を空けずに通院しましょう

交通事故のダメージは思いのほか大きいものです。間隔を空けずに通院することが早期治癒には大切です。

トラブルの多い保険会社との交渉は当院にお任せください

交通事故の支払金120万円は車検の際、皆さんが加入する自賠責保険(強制保険)から支払われます。120万円を超えた場合は、相手の保険会社からの支払いとなりますので上限額120万円になると保険会社は必ずと言っていいほど、施術を打ち切ろうとします。

保険会社の言いなりになるのではなく施術を継続したい旨をはっきりと伝えることが大切です。交通事故の施術に関しては医学知識に加え、交通事故の保険に関しての知識も相当に必要になりますので患者さん1人にお任せするのは相当な負担となります。

当院では事故に遭われた患者さんが、保険会社との電話対応や示談交渉で悩まれることが多いので安心して施術に専念していただくために相談、着手金が無料の『交通事故専門の弁護士』と提携しております。

交通事故でお悩み、お困りでしたらお気軽にご相談ください。患者さんの負担を軽減できるように早期治癒を目指し面倒な煩わしい保険会社との交渉は当院にすべてお任せください。

 

ほねつぎ まつもと接骨院

〒157-0061東京都世田谷区北烏山8-2-17