成長痛(オスグット・シュラッター病)

こんな「成長痛(オスグット・シュラッター病)」の症状でお困りではありませんか?

  • 膝の曲げ伸ばしのときに痛い
  • 膝の下を押したときに痛い
  • 走ると痛みが出る
  • ジャンプをすると痛い
  • 立ち上がる時に痛い
  • 膝の下が腫れる

もう大丈夫です!当院には、成長痛(オスグット・シュラッター病)でお悩みの患者さんが多く来院されて、改善し喜ばれています。

成長痛(オスグット・シュラッター病)は放置すると痛みが強くなったり、歩行困難になってしまうことがあるので早期の施術が大切です。

一人で悩まずに、お気軽にご相談ください。

【成長痛(オスグット・シュラッター病)】とは?

  1. 成長が盛んな小児期にスポーツ活動などによって膝の下に痛みや腫れをもたらす疾患です。
  2. 10歳~15歳の10代前半の男子に多く、サッカーやバレーボール、バスケットボールなどのスポーツに多くみられる膝の病気です。90%程度は軸足に発生します。
  3. 10歳頃の骨は軟骨成分が多いため、スポーツなどにより度重なる筋肉の牽引力が膝の下に加わると、軟骨がはがれ痛みを発症します。
  4. 骨の成長過程では痛みを繰り返すことが多い。

もし成長痛(オスグット・シュラッター病)でお困りなら、痛みを我慢したり、あきらめたりせずに、ぜひ一度当院までお気軽にご相談ください。

ほねつぎ まつもと接骨院

〒157-0061東京都世田谷区北烏山8-2-17