肘関節脱臼

こんな「肘関節脱臼」の症状でお困りではありませんか?

  • 肘が腫れて痛い
  • 肘の曲げ伸ばしができない
  • 肘が変形している(肘が後ろに飛び出たようになっている)
  • 激しい痛みがある

もう大丈夫です!当院には、肘関節脱臼でお悩みの患者さんが多く来院されて、改善し喜ばれています。

脱臼時に生じた靭帯の損傷具合によっては、肘関節の不安定性が残ることもあります。生活に支障が出たり、スポーツ時に不安感を覚えるようになる場合もあります。

一人で悩まずに、お気軽にご相談ください。

【肘関節脱臼】とは?

  1. 肘を伸ばしたまま手をついたり、後方から強い衝撃を受けて肘関節が強制的に伸ばされた時に、肘関節の靭帯が損傷され発生します。
  2. 成人では肩関節についで多く、スポーツによるものがほとんどです。
  3. 後方脱臼がほとんどで、全体の90%を占めます。
  4. 発生と同時に激しい痛みがあり、肘関節は軽く曲がった状態で固定され自由に動かすことができなくなります。外見上、肘が後ろに飛び出たようになります。

当院での「肘関節脱臼」に対するアプローチ

  1. 脱臼した肘を整復し、元の位置に戻します。
  2. 肘関節90度曲げて3週間前後ギプス固定をします。
  3. ギプスの固定期間は3週間前後とし、その後リハビリを行います。

ほねつぎ まつもと接骨院

〒157-0061東京都世田谷区北烏山8-2-17